和歌山県町村会
トップページ 会長挨拶 町村会のあらまし 町村会の事業 想うがままに 町村への入口 関係団体 アクセス リンク
和歌山県町村会の事業
 令和3年度 
 令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
 表彰関係
 共済事業
災害対策費用保険事業
 自治体委託業務等
災害補償保険事業
全国町村等職員共済保険事業
  
  



平成19年度 政務活動
平成19年度 政務活動

 道路特定財源については、地方自治体の安定的かつ確実な財源を確保するため、現行の税体系を維持することが必要不可欠であり、また、今通常国会に提出された暫定税率を維持する法案審議が長引けば税収が無くなることから、道路建設はもちろん、国民の安心・安全なくらしのための道路・橋梁等の補修など維持管理が困難になるだけではなく、地方自治体の財政健全化の取組みを大きく阻害し、教育・福祉などの行政サービスの維持に深刻な影響を及ぼすことになります。
ついては、道路特定財源の暫定税率維持に係る関係法案の年度内成立に向けて、地方六団体が一致団結して、政府及び国会関係、国民一般に対する働きかけを行い、理解を求めることを目的として、去る2月8日に「道路財源の確保」緊急大会を開催いたしました。
 また、本県六団体おいても、県選出国会議員に実行運動を行いました。
 大会次第及び決議・緊急アピール等内容については、次のとおりです。

PDFデータ ダウンロード
  次第
  緊急決議
  ビラ


 本県の各町村は厳しい財政状況の下で、歳出の合理化・効率化に努めるなど、行財政運営に様々な工夫を凝らしながら懸命の努力をしているところであるが、本県特有の地理的条件等によって生じるものや緊急を要し欠かすことのできないものなど、普通交付税では措置されない財政需要が極めて多額にのぼっており、財政力の脆弱な本県町村にとって大きな負担となっているため、特別交付税の配分にあたり関係機関へ要望を行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成20年1月29日(火)

 ■要望先
  総務省及び県選出国会議員

 ■要望者
  奥田会長、中山副会長、山本副会長

PDFデータ ダウンロード
  平成19年度 特別交付税に関する要望


 地方法人特別税法や地方交付税法等の地方税財政に関する法案が今年度中の国会において不成立となれば、本県市町村への地方交付税等の減収額が約80億円に達することになり、各自治体の財政運営が大混乱に陥るとともに、住民サービスへの影響も懸念されるため、県選出国会議員へ要望を行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成20年1月29日(火)

 ■要望先
  県選出国会議員

 ■要望者
  奥田会長、中山副会長、山本副会長

PDFデータ ダウンロード
  地方法人特別税法案、地方交付税法等
  改正法案の早期成立に関する要望


 去る平成19年11月19日、憲政記念館講堂において、地方六団体共催による「地方分権改革推進」全国大会を開催し、「地方分権改革推進に関する決議」を採択されました。
 また、和歌山県自治体代表者会議及び和歌山県地方分権推進連盟において「地方税財源の充実強化による持続可能な財政運営実現に向けた緊急アピール」を公表し、上記決議と伴に県選出国会議員に実行運動を行いました。
 大会次第及び決議・緊急アピール内容については、次のとおりです。


「地方分権改革推進」全国大会
−地方自治の確立と地方交付税の充実強化−

平成19年11月19日(月)12:00〜 
憲政記念館講堂 

次第

1 開会

2 主催者代表挨拶

3 議長選出

4 来賓挨拶

5 来賓紹介

6 決議

7 閉会


PDFデータ ダウンロード
  決議
  緊急アピール


 半島地域に位置し、道路整備が立ち遅れている本県にとって、地域産業の活性化や東南海・南海地震への備えなど、地域住民が安全で快適な暮らしを実現するためには、高速道路をはじめとする道路網の整備が不可欠であるため、本会では、和歌山県市長会と連携して去る11月1日に「道路特定財源の安定的確保について」の要望を採択し、この実現に向けて自由民主党及び関係省庁へ要望を行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成19年11月6日(火)

 ■要望先
  自由民主党四役、国土交通省、財務省、県選出国会議員

 ■要望者
  奥田会長、中山副会長、玉置市長会長

PDFデータ ダウンロード
  道路特定財源の安定的確保に関する要望
  資料


 農山漁村地域において有害鳥獣による農林水産物の被害が多発しており、地域の農林水産業の振興上極めて大きな問題となっています。
 この様な状況を踏まえ、和歌山県町村会及び和歌山県山村振興対策協議会が連携し、別紙の要望を採択し、県選出国会議員に対し同法の早期制定に向けて要望を書面にて行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成19年10月19日(金)

 ■要望先
  県選出国会議員
  衆議院議員(谷本龍哉・石田真敏・二階俊博・西博義)
  参議院議員(世耕弘成・鶴保庸介・大江康弘)

PDFデータ ダウンロード
  鳥獣被害対策に係る特別措置法の
  早期制定に関する要望


 本県の道路整備は、全国に比べて著しく立ち後れている状況であり、また、地震津波に備えた緊急輸送道路の確保や観光産業の振興等には、道路整備は喫緊の課題であるため、本会では、去る10月15日に別紙の特別決議を採択し、この実現に向けて今回就任された自由民主党三役、県選出国会議員及び関係省庁に対し再度の要望を行いました。
 なお、要望活動は、和歌山県市長会、和歌山県町村議会議長会と合同で行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。


 ■日時
  平成19年10月15日(月)

 ■要望先
  自由民主党三役、国土交通省、財務省、県選出国会議員

 ■要望者
  奥田会長、中山副会長、山本副会長

PDFデータ ダウンロード
  道路の整備促進に関する特別決議要望活動


本去る8月9日開催の本会理事会において、「平成20年度予算編成並びに施策の策定に関する要望」について、協議・検討し、別紙のとおり決定し、この実現に向けて関係者に要望活動を行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成19年8月9日(木)

 ■要望先
  自仁坂県知事、原副知事、曽根知事室長、
  小濱総務部長、水野市町村課長

 ■要望者
  奥田会長、中山副会長、山本副会長、寺本理事、
  後藤理事、伏木理事、中理事、立谷理事、中村理事



 ■日時
  平成19年8月31日(金)

 ■要望先
  県選出国会議員

 ■要望者
  県町村会正副会長

PDFデータ ダウンロード
  予算編成並びに施策の策定に関する要望


本県の道路整備は、全国に比べて著しく立ち後れている状況であり、また、地震津波に備えた緊急輸送道路の確保や観光産業の振興等には、道路整備は喫緊の課題であるため、本会では、去る6月15日に別紙の特別決議を採択し、この実現に向けて自由民主党及び関係省庁に対し、要望を行いました。
 要望先・要望内容等については、次のとおりです。

 ■日時
  平成19年6月20日(水)

 ■要望先
  自由民主党三役、国土交通省、財務省、県選出国会議員

 ■要望者
  奥田会長

PDFデータ ダウンロード
  道路の整備促進に関する特別決議


 去る平成19年6月5日、憲政記念館講堂において、地方六団体共催による「地方分権改革推進」全国大会を開催し、「地方分権改革推進に関する決議」を採択されました。
 また、和歌山県自治体代表者会議及び和歌山県地方分権推進連盟において「地方税財源の充実強化を図る制度の構築等に向けた緊急アピール」を公表し、上記決議と伴に県選出国会議員に実行運動を行いました。
 大会次第及び決議・緊急アピール内容については、次のとおりです。


「地方分権改革推進」全国大会
−地方自治の確立と地方交付税の充実強化−

平成19年6月5日(火)12:30〜 
憲政記念館講堂 

次第

1 開会

2 主催者代表挨拶

3 議長選出

4 来賓挨拶

5 来賓紹介

6 決議

7 閉会


PDFデータ ダウンロード
  地方分権改革推進に関する決議

第92回 和歌山県町村会 定期総会

 去る平成19年5月11日、和歌山県自治会館において「第92回和歌山県町村会定期総会」を開催し、自治功労者表彰を行い、また、「大会決議」を採択し、県知事及び県選出国会議員に対し、要望を行いました。
 引き続き、任期満了に伴う正副会長の選任を行い、会長に奥田貢北山村長、副会長に中山正髣L田川町長、山本惠章かつらぎ町長が選任されました。
 会長挨拶、大会次第及び決議内容については、次のとおりです。

県知事祝辞
新正副会長挨拶
県市長会長祝辞
山田会長退任挨拶
PDFデータ ダウンロード
  次第
  開会挨拶
  決議事項
和歌山県町村会
〒640-8263 和歌山市茶屋ノ丁2番1 和歌山県自治会館5階
TEL:073-431-0131 FAX:073-428-1275

Copyright(C)2007 All rightreserved.produced by 和歌山県町村会